妊娠期間でわたしが一番つらかったことは「つわり」

わたしが妊娠した体験で思い出すことは、とにかくつわりがつらかったということです。よくドラマなどで、「うっ」とトイレに吐きにいって、まさか妊娠?というシーンがあると思いますが、あんな余裕な感じではいられませんでした。妊娠に気付いたとほぼ同時くらいに、つわりがはじまりました。最初は気持ちが悪く、体もぽかぽかしている感覚で気持ちが悪いとしか思いませんでした。このじてんで、結構つらかったのですがだんだんと症状もひどくなりただ生きて息をするだけで気持ち悪いようになったのです。
もちろん家事なんて何もできなくなりました。旦那に仕事帰りにコンビニなどで夕飯を買ってきてもらって自分で食べてもらう日々でした。それはまだよかったのですが、その買ってきた匂いが部屋に充満するとそのニオイでわたしは気持ち悪くなりました。
だんだんとニオイに敏感になり、旦那のニオイすら気持ち悪くなってしまうのです。きわめつけは、お風呂に入ると、その水のにおいで気持ち悪く風呂場で吐いたこともありました。しかも食べることもままならなかったので、吐くものがなく胃液を吐く感じでした。
毎日本当につらくトイレにこもりっぱなしで、つわりがはじまって1ヶ月すぎたころから毎日天井を見上げながら泣いていました。赤ちゃんも、まだおなかが大きくもなく動くこともわからないので本当におなかにいるのかと不安にもなりました。
ご飯も水も飲めなかったので、1日おきに病院に点滴にいくようにもなりました。こんなにつらいなら妊娠なんていやだと旦那に泣いて怒ったこともあります。
それでもおなかの子供はちゃんと大きくなってくれました。つらかったつわりの日々も妊娠6ヶ月くらいでおさまってくれました。
それからは、大きくなっていくおなかが愛おしいと思える日もできました。女性は妊娠したら、すぐにおなかの子供を愛おしいとおもうと思っているかたもいるかとおもいます。でも、やはり自分の体調が悪いときはそう思えない人もいてもいいと思うのです。それくらい、わたしのつわり期間はつらいの一言です。
それでも現在は元気に生まれてきれくれた我が子をみると、あのとき頑張ってよかった、あのときあきらめないでよかったと思うのです。妊娠したら毎日幸せにみえるかもしれませんが、産むまでも(もちろん産んでからも)つらいことが隠れていることをこれから妊娠する人に伝えたいなと思います。
そしてもし、つわりで絶望しているひとがいたらわたしも同じだったと寄り添いたいなと思います。
こうやってつらかったことを書いていますが、でも我が子が生まれたこと最高に幸せです。これだけは言えます、つらかった先にある贈り物は最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です